FC2ブログ
『奈良旅手帖』の生駒あさみです。2014年3月についに奈良に移住しました。2010年10月に『ふたりでいく奈良』という本を出版しました。このブログでは奈良旅行記や奈良に関するいろいろなことを発信していきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 生駒あさみ
 
[スポンサー広告
洞川のこと・南部のこと。
昨日は洞川の龍泉寺で八大龍王祭がありました。
行きたかったのですが、手帖の発送関係や今東京でしないとならないことが山積みで断念。
でも今年は参加者もとても多かったようでよかったです。

洞川は台風の被害を殆ど受けていないのですが、ニュースなので奈良県南部、天川村の被害の情報が流れていたため
宿へのキャンセルが相次いだそうです。

戸閉めの日に行きましたが、本当に静かで、洞川の人もこんな静かな戸閉めの日はないと言っていたくらいでしたから、心配しておりました。

これから紅葉シーズンです。洞川の紅葉は本当に綺麗ですよ。
(ちなみに奈良旅手帖2012の11月の花写真は龍泉寺の紅葉を使用させていただきました)

来年の八大龍王祭は10/14。来年こそは行けると良いなあ・・・。


この数年、奈良県内は北部よりも南部のほうにばかり足を運んでます。
南部の神仏習合の風習や(お寺と神社は別だと思っていると、神仏習合の場所が多くて戸惑う人も多いかもしれませんが、日本は長い間神仏習合でした。)
人と人とのつながり、生きている信仰・・・
本来の日本はこうであったはずだと思える「何か」が見えてくる気がして
南部のほうには興味が尽きないのです。

そんな南部が9月2日の台風で被害を受けました。
ひどい被害の様子をテレビやネットなどで見て気が気ではありませんでした。
東京で何かできないだろうか・・・と思い、11/13に用賀の世田谷ファームさんとチャリティイベントを開催することになりました。
詳細については明日か明後日にブログ等で告知しますね。
たくさんの皆様のご参加お待ちしています。

昨年のみたらい渓谷の紅葉
IMG_5457_convert_20111010114427.jpg

昨年の龍泉寺
IMG_5390_convert_20111010114505.jpg
Posted by 生駒あさみ
comment:0   trackback:0
[奈良旅
平城宮跡で浸る。
先週は奈良でした。
で、また今週も奈良に行きます・・・。
奈良に滞在している間はなかなかブログの更新が出来ないですね(汗)

今回は本の取材でお伺いしてから行けてなかった「旬彩ひより」さんと「風の栖」さんにいってきました。
ひよりさんは何度も行っているのですが、ランチははじめて。
ランチも野菜のうまみをぎゅっと凝縮した美味しい野菜をたーくさん食べられます!!
は~美味しかったなあ・・・。また行かなきゃ~

「風の栖」さんは本を作る際に取材にお伺いできず、電話で確認させてもらっただけなので
ようやくちゃんとご挨拶ができました・・・。本当に遅くなってしまった(汗)
悩んで悩んで悩みぬいた末、新しいサボの予約をしましたよ~。欲しい色が今なかったので取り寄せです。
これで私もNAOTの靴と共に奈良をがつがつ歩けます(笑)

実はこの日、古代漫画ファンの方たちと一緒に色々見ていたのですが
最後は平城宮跡で「ふひと団子」を食べる!というネタを(笑)してまいりました・・・(笑)

ふひと団子は、橿原のおふさ観音の向かいにある「さなぶり餅」さんのお団子です。
さなぶり餅の串団子バージョン。
さっぱりしていて美味しいんですよ~。
第二次大極殿にある、説明石の上にふひと団子を置いて「不比等、朝堂院なう」とか言って遊んでました。(笑)

247167304_convert_20110227123425.jpg
アホだ・・・しかし盛り上がった(笑)
次回は粟田殿という京都のお菓子を食べます(笑)←粟田真人のことです(笑)



ああそれにしても。
第二次大極殿の上から見る奈良ってほんと気持ちがいいです。
第一次大極殿ではまた、なりきった感じで遊べますが(笑)←コスプレできるとなおいいのだけど今は出来ないですね。そういえばコスプレ衣装ってどうしたんでしょうね?

第二次大極殿は完全復原していないからこそ妄想できるというか。
「やっぱり不比等んち(法華寺付近)ってすごい近いよね」とか
「長屋王家(ヨーカドー)もすごいよねーほんと近いよね~」とか。
興福寺とか東大寺とかのお寺や、若草山、生駒山、葛城の山々まで見えるものは変わらないんですよね。
ほんと、平城宮跡は浸れる・・・(笑)

またここから見る空はほんと、格別。
修学旅行でバスに乗って、この近くを通ったときに見えた空がとにかく素晴らしくて心に残ったのです。
この世の中にこういう情景があるんだ、と。
北関東の海辺の町では見られない情景でした。

またこの空を見に来たいと思いました。
私の奈良好きは、平城宮跡の空からはじまってます。
Posted by 生駒あさみ
comment:0   trackback:0
[奈良旅
2/2天河大弁財天 鬼の宿
2月2日の夜は、奈良好きになってからずーっと行ってみたかった、天河大弁財天社の「鬼の宿」にいってきました。

吉野の節分は他の各地の鬼を払う「鬼は外!」の節分とは違います。
金峯山寺は全国から追われた鬼が集まり、「調伏」させ、最後は鬼も一緒に豆まきをします。
鬼も~内といいながら。→去年は金峯山寺の節分に行ってました。

で、今年は天河大弁財天の鬼の宿へ。
天河の節分行事はまた不思議な行事です。
天川村の住民は、役行者に使えていた前鬼、後鬼の子孫と伝えられています。
鬼は先祖であり神様なのです。
その神様である鬼を節分前夜にお迎えする儀式が2/2の夜行われます。

節分は洞川ですごすと決めていたものの、こちらの行事に参加するかはすごく悩みました。
宿は洞川だし、同じ天川村とはいえど洞川と弁財天のある坪内はかなーり距離があります・・・。しかも平地じゃなくて洞川まではかなり登るのです。車じゃないとちょっと行けない。

なのですが、10月に洞川で知り合った方とお正月に知り合った方に相談したところ
タクシーを予約してくれて行くことになりました!!一人だとタクシー代のこととか考えたりして
行かなかったと思うんですよね。ありがたい!!

そんなわけで洞川大好き女子4人(笑)で弁財天に向かいました~。
天川川合のトンネルを抜けるまでは雪も少なく、バスじゃなくても大丈夫だったり?とも思ったのですが
トンネルすぎたら道路は凍っておりました・・・。
それでもまあ、弁財天のほうは雪が少なくなってました。

到着したら立春大吉がお出迎え。(汚いのがちょっと残念)
IMG_6174_convert_20110216132924.jpg

あかりのかまくら。幻想的です。
IMG_6175_convert_20110216133001.jpg

入り口には炎もごうごう燃えておりました。
IMG_6176_convert_20110216133059.jpg

拝殿での神事に参加。1時間くらい?神事が執り行われます。
昨年も参加した友達に聞いたら去年の倍くらいはいたとか。ちょっとびっくり。
しかしさすがというか、なんだかただものじゃない人たちだらけです・・・。

すみません綺麗に撮れてなくて(汗)
拝殿での神事の後は宮司さんのご自宅に参列者が集います。
お、お邪魔します(恐縮)

IMG_6181_convert_20110216133150.jpg

この後は宮司さん宅の神事。
実は後ろのほうになると何が行われているのかさっぱりわからないらしく
昨年来た友達についてダッシュ。皆さん早足です(笑)

神事は小1時間くらいかな。行われました。
途中で水を汲みにいき、その水の入った桶の中に翌日砂が入っていれば鬼が来た証。
この宮司さんは今年も引き続き宮司を続けられるのです。
(翌日行かなかったのですが砂は無事に入っていたようです)

そして鬼に泊まってもらうわけなので・・・
IMG_6190_convert_20110216133229.jpg

お布団を敷きます。ふかふかしてそうでした(笑)

この神事の後は参列者に直会でおにぎりなどが振舞われました。
わーい。
(食べてる途中の写真で失礼)
IMG_6189_convert_20110216135510.jpg

NHK?のカメラが入ってました。
何か記録用なのか、放送されたのか、今後放送されるのかはわからないのですが
この不思議な神事がまた映像で見られるなら嬉しいですね。

翌日は節分祭があっていく予定だったのですが、なんとなく行くのが大変かなーと思ってしまっていたところ
同室の方も同じく考えていたとのことだったので、行かないことに。
また今度別の機会に弁財天の節分祭も体験してみたいです。

ちなみに毎度おなじみ洞川のゲストハウス一休さんに泊まりましたが
一緒に泊まった友達がたこやき機をもってきてくれたのでたこやきパーティーでした~楽しかった!(笑)
Posted by 生駒あさみ
comment:0   trackback:0
[奈良旅
奈良観光(万葉?)電車に乗ったよ
お正月に洞川から信貴山に向かう途中、奈良観光電車にタイミングよく乗りました!
万葉集ラッピング電車かと思ったんですが、万葉集以外の情報もいろいろあって
盛り上がりました。
大阪方面へ向かう(?)女の子たちに
「この人何してんの」という目で見られながら車内の写真を撮ってきたので
披露します(笑)

梅の歌はたくさんありますよね。
百合の花のイラストを見たときにちょうど三輪山付近を通ったらかなり盛り上がると思います!
IMG_5937_convert_20110216110225.jpg

上の部分には四季それぞれの万葉歌が。
IMG_5939_convert_20110216110437.jpg

「そういえば大和発祥、ご存知でしたか?」
首都圏の電車に貼ったらいいのに。

IMG_5944_convert_20110216110703.jpg

この南のほうの情報・・・!
IMG_5946_convert_20110216110738.jpg

そしてこの大和三山!あすかルビー!!!
IMG_5947_convert_20110216110928.jpg


この電車に乗って万葉テンションが盛り上がっていたときに
王寺に向かっていたので、五位堂駅あたりから二上山が見えたりしてまた盛り上がる盛り上がる(笑)
(その場で盛り上がりすぎたので写真なし)
多分これは、ディズニーランドにいってディズニーシーまでのモノレールの中がディズニー関係で埋め尽くされてて盛り上がる、というのと同じような感じです(笑)

こういう電車も私のような古代好き、万葉好きにはすごく有効だと思うし
多分古代を知らない人とは全く違った目線で旅をしていて、すごーく楽しめてる、と思うんですよ。私。


よく色んな方とお話をしていて「鹿か大仏」の方より一歩進むと「奈良といえば寺」と言う方が居ます。
JR東海ツアーズのうましうるわし奈良もお寺の紹介が多いですよね。(明日香とか、平城宮跡とかもあるのでお寺だけではないですが) 
お寺ももちろん素晴らしいところだらけなのですが、お寺以外にもたくさんあるスポットや
万葉集の昔のことばをそのまま実感できる場所、情景がたくさんあるんです!

本当にちょっとだけでも神話、古代の歴史(とくに6世紀から7世紀)万葉歌を知るだけで
見方や感じ方が変わってきます。
記紀万葉プロジェクトがあるから・・・というだけじゃなくてもっと普段から古代とか万葉集とかに注目が集まればなあと思ってます。
Posted by 生駒あさみ
comment:2   trackback:0
[奈良旅
プティ・マルシェ&ぷちまるカフェ~さん
お正月から飛んで、2月になってから行ってきたプティ・マルシェ&ぷちまるカフェ~さん。

夏に取材でお伺いしてからご無沙汰しておりました。
仕込み中のお忙しい日にお邪魔してしまいました。迷惑すぎる。ごめんなさい!
プティ・マルシェ&ぷちまるカフェ~さんは、基本土日営業のみのカフェです。
もちいどの商店街からサンルートさんに向かう道の途中にあります。

念願の豆腐ビスコッティを購入させていただきました!!
しかし写真を撮るのを忘れてしまった。

このビスコッティ、
美 味 し す ぎ る!!
やさしい味で大好きです!!!卵や乳製品を使っていないものもあるので
ちょっとマクロビな私には本当にうってつけのお菓子。
たくさん買って色んな人に渡したい(笑)

お店は、築80年の町家を約1年かけてDIYでリフォームしています。
取材のときは時間がなかったのもあってあまりそのあたり話が聞けなかったのですが
今回は色々聞かせてもらいました。いやーー・・・すごいですよ!!
その古民家リフォームを写真とともに細かく冊子にしたものもお店には置いてあります。
今ちょっと色んな理由でリフォームに興味がある私は興味津々。
古民家を自分の手で改装したい!という方は、ぜひお店でこの冊子や、置いてある古民家改装の本を見てみてくださいね(笑)

IMG_6316_convert_20110215010506.jpg


IMG_6333_convert_20110215010326.jpg
IMG_6323_convert_20110215010000.jpg



この日いただいたのは大和茶のぜんざい。
んもーー!!美味!
大和茶のほっとする味わいとやさしい小豆の味がマッチしてます。
どんなかんじなのかなとドキドキしながら食べたのですが
何度も食べたくなる美味しさ。昼食後でおなかいっぱいでもぺろりと食べてしまいました。
寒い中とてもあったまります。
IMG_6338_convert_20110215005811.jpg

他にもたくさんメニューがあります。まだ食べていないのですがシフォンケーキなども美味しそう♪
奈良漬を使ったケーク・サレなどにも興味が。
ブランチセットなどもあるようなので、土日に朝食を食べずゆっくり宿を出て、ぷちまるさんにお伺いするのもいいですね。


作られているお菓子ひとつひとつに愛を感じます。
奈良の土地のものを積極的に使っているところも嬉しい。
観光で来たなら、奈良の味を楽しめるお店に行きたいと思います。
今度奈良初心者の人を連れてくる機会があったら、絶対つれて行きたいお店のひとつです。
Posted by 生駒あさみ
comment:2   trackback:0
[奈良旅
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。