FC2ブログ
『奈良旅手帖』の生駒あさみです。2014年3月についに奈良に移住しました。2010年10月に『ふたりでいく奈良』という本を出版しました。このブログでは奈良旅行記や奈良に関するいろいろなことを発信していきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 生駒あさみ
 
[スポンサー広告
十津川・玉置神社と山頂へ。
十津川に足を踏み入れたのは2年ぶり。
台風直後に何度か行こうとしていたのですが、いけなかったのです。
今回は熊野から十津川に入りました。
凄くお天気がよくて空は青くて、気持ちがいい日でした。

朝から大斎原へ。桜がものすごくて感動!!

s-385634_270138803076447_100002409875866_552386_263266891_n.jpg

桜がはらはらと舞うのがまた美しい~。
s-33976_270155756408085_100002409875866_552518_529417446_n.jpg

で写真を撮影しまくっていたのですが、その間海外の方が集団でやってきました。
桜に興味はないようす。桜が好きなのって、日本人特有なのかなー。


大斎原を後にして、熊野側から十津川に入って少し行ったところに
大きな滝が!!十二滝という滝です。
私たちもでしたが、通りかかった車は殆ど停まって写真撮影していきました(笑)
s-536661_266194403470887_100002409875866_546568_792319629_n.jpg

お天気がよかったので下のほうにうっすらと虹が出てます(見えるかな)
滝1


そして玉置神社にもほぼ2年ぶりの参拝。
熊野三社の奥の院といわれている神社です。
何度か参拝していますが、この日見たいにお天気がいいのははじめて。
いつもちょっと雲っていたり、雨が降っているような日にばかり参拝していました。

玉置神社に向かう道の途中にある八大竜王社
s-319823_270144036409257_100002409875866_552401_2004375623_n.jpg
この奥には滝があります。


駐車場に到着し、木漏れ日の中を歩いて15分で、健脚な方の参拝道とそうではない方の道に分かれます。
健脚な方向けのほうには杖も置いてありますが、登るのかというと・・・どーーーーんどん下るんですよ。
途中の木の苔むした感が美しく。
s-577459_270145706409090_100002409875866_552436_92164686_n.jpg

本殿の石段が修復工事中でした。
玉置神社のご祭神の国常立命をお祭りしている神社に年末から随分参拝していました。
s-577346_270149329742061_100002409875866_552465_2106028886_n.jpg


そして樹齢三千年の神代杉。
s-神代杉
玉置神社に参拝していなかった2年の間に、神武天皇について色々と知りました。
父の地元が神武天皇が生まれたと言われる皇子原に近いところだったりとか
この3月下旬からは宮崎、熊本、大分と色々な場所にも行きました。
ここ最近、神武天皇はついてまわる存在で、何気に偶然東征ルートをたどってきてました。
(生駒から奈良に入ってはいたけど(笑))最後に熊野から玉置に来ることが出来たので
神武天皇も見たかもしれない神代杉を、今までとは違った気持ちで参拝できました。

そして毎回参拝する玉石社へ。15分くらい登ります。
s-380632_270146683075659_100002409875866_552450_1792824730_n.jpg

体が重いのでなかなかひょいひょい登ることはできずぜいぜい言いながら玉石社到着。
玉石社の御神体の「玉」。玉置の「玉」です。
土からむき出しになっている黒い玉石を参拝。

しかしいつも霧がけぶっていたり、雨だったりとしっとり濡れたような印象が強かったのですが
今回は木々に光が反射してまぶしくてキラキラした印象で、あまりにも違いすぎて別の場所のようでした。
s-303394_270141479742846_100002409875866_552393_1448342570_n.jpg


久しぶりに玉置神社を参拝して
今まで行こうと思わなかった頂上まで上りました。
玉石社までで結構疲れていたのですが、どうしても頂上に上ってみたくて。

玉石社から10分~15分くらいとはいえ、急斜面を登っていくのは結構大変です。
途中から階段も崩れかけている上に
ちょっと足を踏み外したら山の斜面を転がり落ちてしまうのではないかというくらいの急さ。
そして細い階・・・段・・・?(が崩れてきているのかな?)
神経を集中しながら上らなければならないような道でしたが
頂上に到着すると、気持ちいい!!
玉置山の三角点がありました。
s-542154_266193470137647_100002409875866_546567_397191103_n.jpg

うっすらと見えるのは海?
s-561840_270144723075855_100002409875866_552413_1491932065_n.jpg

三角点の少し右側にお地蔵様が海のほうを向いていらっしゃいました。
お地蔵様には台風での洪水で被害に遭われた方のご冥福をお祈りされて
お花が手向けられていました。
あの日から約半年たって
被害にあった方のためにちゃんと十津川で手を合わせることができました。




車窓から土砂や瓦礫が目に入ってきます。
半年経って道路も復旧しましたが完全に復興したとはいえません。
まだまだこれから私にも支援が出来ることがあればしていきたいと思っています。

緑が美しい季節になってきました
5月になれば21世紀の森や玉置神社でも石楠花が美しく咲きますし
温泉めぐりも出来ます。

私も何度か足を運んでいるとはいえ、十津川は広すぎてまだまだ知らないことが多すぎなので
もっと知るためにも今年は何度も訪れたいと思っています。

--------
玉置神社は奈良県内の神社の中でもかなり行きにくい場所にあります
私がはじめて行ったのは2005年頃でしたが、
私も車の免許がなく、同行者も車に乗らなかったのでタクシーをお願いして
ふもとから往復1万円かけて行ったのでした(笑)
健脚な方は登るのもありかもしれませんが、とはいってもかなりちゃんとした装備をしないと大変だと思います。

車がないと行きにくい玉置神社へ、現在は土日のみ
事前要予約ですがバスが出ています。
十津川村のHPから

世界遺産・登山客用予約バス(完全予約制)
玉置山(十津川温泉~玉置神社)土・日・祝のみ運行(完全予約制)
★運行時間  十津川温泉8:30~玉置神社9:10
玉置神社 10:30~十津川温泉11:10
★バス料金  片道810円
★予約先: 十津川村役場総務課 電話0746-62-0001
予約日時:受付は平日のみ8時30分~17時
予約締め切り:3日前までに必ずご予約下さい。
★予約人数:1名から予約可能



玉置神社へ参拝するのも、少し楽になってきていますので
(1時間20分で参拝して駐車場まで戻るのはちょっと厳しいかもしれませんが・・)
ぜひ十津川方面に足をお運びください。


-----
頂上から戻るのにあの細くて急な道を戻るのは大変だなと思っていましたが
駐車場まで直結の道がありました~。

そちらの道を通ったので、菊理媛様を参拝できなかったことが残念。
次回は菊理媛様をお祀りしている道を通って戻ろうと思います。
スポンサーサイト
Posted by 生駒あさみ
comment:0   trackback:0
[奈良旅
comment
comment posting














 

trackback URL
http://naratabi.blog76.fc2.com/tb.php/97-0eb160c3
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。