FC2ブログ
『奈良旅手帖』の生駒あさみです。2014年3月についに奈良に移住しました。2010年10月に『ふたりでいく奈良』という本を出版しました。このブログでは奈良旅行記や奈良に関するいろいろなことを発信していきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 生駒あさみ
 
[スポンサー広告
本日、過去帳読み上げの日。
今日は実忠忌。
東大寺修ニ会では過去帳読み上げの日ですね。

東大寺HPから引用させて頂きました

二月堂での修二会の期間中、実忠忌が勤められる3月5日の夜と お水取りの行事が行われる3月12日の夜に、二月堂内陣において、 練行衆により、「東大寺上院修中過去帳」が読み上げられる。

「過去帳」とは亡くなった方の名前を書き記したもので、 二月堂の内陣に納められている過去帳のことを特に「東大寺上院修中過去帳」 と呼んでいる。その中には奈良時代から現在に至る歴史上、東大寺や 二月堂に関係した人々、或いは修二会に参籠した僧侶等の名前が記されており、その人たちの冥福を祈るために特に読み上げられる。



22時頃にお堂から聞こえてくるのは「大伽藍本願聖武皇帝」からはじまる、東大寺への歴代功労者の名前です。

この過去帳のことを知るまでは
奈良や古代に興味があって、色々な史跡を巡って関わった人物に思いを巡らせることがあっても
1000年以上前の人物という時間の遠さから、どこかファンタジーな存在だと思っていたところがありました。
でもこうして毎年毎年読み上げられるのは、実際にこの奈良の土地で生き、
東大寺というお寺に、修ニ会に尽力していった方たち。
教科書に載っているような歴史上の人物も、五十一万四千九百二人の役夫も
実在していたからこそ、1000年以上も先の今こうして修ニ会の行法が営まれている。
その人たちの菩提を弔うために今年もまた名前を読み上げる。

読み上げられる名前を耳にしたとき、遠いと思っていた存在を急に身近に感じました。
ファンタジーではなく、本当にそういう人が居たのだと、
歴史上の人物というのは遠い存在ではなくて、今も私たちにつながっているのだと実感したのです。



しかし本当にファンタジーな存在もあります。
有名な「青衣の女人」
青衣の女人を題材に生まれた作品も多くありますし
何にしてもいつの時代の、誰なのか、想像がかきたてられまくります。

鎌倉時代、承元年間(1207-1211)に修二会中、集慶(じゅうけい) という僧侶が過去帳を読み上げていたところ、その前に青い衣の女性が現れ、「何故わたしを読み落としたのか」と、恨めしげに問うたという。 集慶がとっさに低い声で「青衣(しょうえ)の女人」と読み上げると、その女人は幻のように消えていった。



絵などで表現されるとき、平安時代の十二単姿が多いのですが
奈良時代の可能性だってありますよね。
その場合は大体八位くらいの女性ということになるのかな・・・?
色々な想像をしてしまいます。


そうそう、2月号の「ならら」に、過去帳が掲載されていてそれを見たときも
テンションが上がりました(笑)
興味がある方にはお勧めします~。(フルコトにもありますよ)


実忠忌と書いておいて実忠和尚について触れていませんでしたが
実忠和尚についても凄く興味があるのです。
笠置寺にもまだ行ったことがないので、行きたいなあ。
この方もなかなか謎な人物ですね。

わたしはこの人物については清原なつの「光の回廊」という漫画で知りました。
知ったというか、この漫画は小学生の頃に読んでいて、東大寺の修ニ会いう行事があることすら知りませんでした。
(この行事を知ったときにあの漫画の実忠がはじめた行事か!と思ったくらいです(笑))

光明皇后が主人公の話です。
光の回廊 〔文庫〕 (小学館文庫 きF 1)光の回廊 〔文庫〕 (小学館文庫 きF 1)
(2009/05/15)
清原 なつの

商品詳細を見る


今は文庫版で出てるので普通に購入できますが、小学生の頃読んだきりで持っていなくて
ずーっと探していて、自宅でネットが出来るようになったときにはじめてネット古書店で買った思い出の本なんです(笑)
(たんに清原なつのさんのファンなだけで購入した時点では奈良時代のことにあまり興味もなく、知らなかったんですよね・・・そんなわたしが今こんなに奈良ファンになっているのも不思議だ~)

スポンサーサイト
Posted by 生駒あさみ
comment:0   trackback:0
[オススメ奈良
comment
comment posting














 

trackback URL
http://naratabi.blog76.fc2.com/tb.php/92-211745a4
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。