FC2ブログ
『奈良旅手帖』の生駒あさみです。2014年3月についに奈良に移住しました。2010年10月に『ふたりでいく奈良』という本を出版しました。このブログでは奈良旅行記や奈良に関するいろいろなことを発信していきます
10月2日~4日の奈良旅。その1
10月2日~4日の奈良。やっとアップできました~。


今回も行きは夜行バス。
VIPライナーさんというバスが結構最近色々と面白いことをしています。
バスももちろん快適なんですが、西新宿と京都と難波ではバスに乗る前と降りた後
身支度を整えたりできる施設を作っているんです。(JRにもありますが利用料が別途必要ですよね)

もちろんバス利用者用なので利用にお金はかかりません。
新宿では利用したことがあるんですが、時間つぶしもできるしネットもあるので調べモノとかもできるし
メイクとか着替えとかにもとても便利。夜行バス利用者には嬉しいですね。(シャワーとかは残念ながらないですが)
できたばかりの京都で利用したいなーって思ってたんですが、ひとつ前で降りてしまったので、次回使おうと思います・・・。

で、京都下車→新大宮まで。おなじみのニコニコレンタカーさんで車を借りて、針テラスに向かいます~
なぜ針テラスかというと、奈良の道の駅を制覇したいからです(笑)今日の目的は大台ケ原なのですが
前回大台ケ原に行ったとき、カレーをがっつり食べただけでちょっとつまらなかったので、お弁当とか買えないかな?と思ったのもあって。

で、針テラスについたのですが、うーん、すごく大きいけど他の道の駅のように「奈良らしさ」のあるものは少ないかも・・・
県境近くにあるパーキングエリアのような雰囲気。まあパーキングエリアでもあるのか。
場所が場所なので、三重のものもとても多かったです。
目の前に大和茶の大きな工場があるようなんですが大和茶を使ったものとかももっとあったら嬉しかったかも。
あ、でも市場のようなところがまだオープンしていなくて見られなかったので、そちらには土地のものが色々あったのかな?
今度もう一回いってみたいと思います。いちご狩りとかできるみたいだし、面白いですよね。


ちょっと食べ物や飲み物を補充して、室生に向かいました。
室生の龍穴に久しぶりに参拝。
ここは不思議なところです。いつ来ても。
とにかく気持ちがいい。そして晴れてるのにゴロゴロと音がどこかから聞こえてくるような感じ・・・。
asa1.jpg

asa2.jpg

20分くらいたたずんで、車で一路大台ケ原へ。とはいっても針テラスで結局お弁当を買わなかったので
またまたまたまた(何回目だ)杉の湯のレストランで昼食。
私は今回はいつもと違って「そまびと弁当」を食べました。ヘルシーで美味しかった。
山の実りという感じで、地元でとれたものを中心としたおかずと、ご飯の定食です。1500円くらいだったかな。
asa3.jpg

こちらはしし鍋定食。同行者が食べたものです。1050円。
かなりボリュームがあってコストパフォーマンスが良いです。
asa4.jpg

このあたりからずーっと車で大台ケ原へ。途中、雲行きが怪しいことになって心配になったのですが・・・・・・・・・・・・・・
・・・心配的中(涙)ドライブウェイの途中から霧雨で前が全く見えないという恐怖の道に!!怖いよー!
対向車もかなり近くまで来てくれないとわからない!恐怖!!道も見えない!!!
ですが、なんとかたどり着きました・・・・
そしてすごいたくさんの車や観光バスに驚いた。皆さんこの霧の中山に入ってるのか!!!!!
私たち甘く見てました。
日本一か二位の降雨量の場所だよ。晴れるほうが奇跡だよね。
とても幻想的な風景ですが・・・。入るのはどう考えても無理(涙)
asa5.jpg

前回来たときと色々変わってました。すごーく大きい食堂があった山小屋は宿泊者専用になってました。
日帰りの人向けにはお土産ものやさんと飲食ブースが一緒になってました。


今回大台ケ原では15分くらい歩いて戻る。くらいの気持ちでした。
その程度なら全然大丈夫じゃない?と思ってたんですがウィンドブレーカー必須のよう。甘く見すぎていたわたし。
というか山ガールではないのでそのへん疎かったわたし。
ともかく霧深い森の入り口に突入する勇気はなかったので(ていうか雨だし)ビジターセンターで学習。
や~、ビジターセンター面白かったです。大台ケ原の生物たちのことや、大台ケ原が学べます。
一年間の降雨量についても、東京とか奈良とかは私の胸くらいの降雨量だとしたら大台ケ原は天井近く!!というわかりやすい説明とか。数字で見るよりも納得。
雨や雲がどのように発生されているかとかわかりやすーく説明してくれてます。
あー面白かった(笑)ここ見れただけで満足。
小さい子向けに生息する生き物の足跡のスタンプとかがあって、遊ぶ。かわいいよ(笑)
asa6.jpg

asa7.jpg

しかしこう、降雨量が多いとなかなか行きにくいですね・・・関西圏の人なら当日の天気で動けると思いますが
私のように遠方からだと日程決めてから予定決めるので・・・
となると、一週間くらい夏に奈良滞在して天気予報見て、大台ケ原に一泊するつもりで行くしかないかなあ。ううむ。
一度は行ってみたい大蛇ぐら。来年ちょっとがんばってみます・・・・・

下山するときはまだ行きより霧はまだましになってきていました。
でも見晴らしのいい場所からの眺めが見られないのが残念でした・・・またいきますー。

そして宿泊地の洞川へ。行くのに、うわさの行者還トンネルを通りました。・・・・・・すっごい道でした(笑)
この後お会いした何人かの方に「あの道通ってきたの!!?」と驚かれました(笑)そ、そんなに?
でも滝とか多いし、紅葉の時期いってみたいなー対抗車がきたら大変なことになるけど。

そして泊まるのはまた洞川です。(笑)
ブログに書いてませんでしたが7月末にも8月末にも訪れてます。ほぼ1ヶ月に1回ペース(笑)
5月にいったときは山が開く前日だったのでお祭りムードでした。
完全に山が閉まっている状態のときに来たのははじめてです。
偶然なんですが、地元の八幡さまのお祭りがあって、宿の方のご好意で連れて行ってもらいました。
不思議な空間に居させてもらいました。感謝。
それにしてもお祭りで出ていたおでんも美味しかった~!!

洞川は信仰がいまも住民ひとりひとりにいきづいているところです。
昔から修行の方たちがたくさん訪れていたから、訪れる人間を受け入れる距離感もすごく心地がいいんです。
空気や水が綺麗。緑も多くて酸素も濃いんですよね。酸素カプセルってありますよね。高濃度の酸素の中で眠ると疲れが取れるという。それと同じで、洞川に泊まって一晩眠るとかなりぐーっすりと眠れます。そして朝の目覚めがすっきり。なんだかとっても体調がよくなる気がします。
そして何よりごろごろ水をはじめとするお水の美味しさ。
今回はじめてエコミュージアムにいって知ったんですが、神泉洞の水はアルカリ水の度数が高く、ごろごろ水はその次、泉の森の水は中性なのだそう。
神泉洞の水は大阪の会社が管理しているので、残念ながら洞川では飲めないのですが、
実は・・・・・東京のまほろば館のカフェ使っているお水が神泉洞の水なんですよ(笑)
(お茶とかに使っているので、お客さんが水自体を飲むことは出来ないのですが)

夜は宿に泊まっている常連さんと色々なお話をしました。
あ、泊まった宿はゲストハウス一休さん。今回の本でも紹介しています。
こちらのオーナーさんは洞川愛に溢れている方です。ガイドブックには載っていない、そして決して載らないような場所もたくさん教えてくれます。
2年前にオープンした宿ですが、基本的に個室なので一人になりたい人にも向いてますよ。
もちろんロビーでわいわいと語るのもOK。

夜寝ようかな、と思った時にオーナーさんが声をかけてくれて
ものすごい満天の星空を見ることが出来ました・・・・・!!!
もうもうすごい感動!!!本当にありがたいです。
そしてこういうお気遣いを頂けるのが本当にうれしいです。

そして翌日。
毎月のようにきているのに、目的が別にあったりして実は観光客向けの施設に行っていなかったのです。
なので今回は観光地へ。鍾乳洞へ!!
朝9時からごろごろ水採取場のごろごろ茶屋で五代松鍾乳洞の受付をしています。みかんを運ぶモノレールにいすを設置してあって
asa8.jpg

ヘルメットをかぶって乗ると、ものすごーく急な山をどんどん登ります。面白い!!
でもすごい体験!落ちたらどうしようとハラハラしますよ(笑)
鍾乳洞の中はすごく綺麗でした・・・しかし不思議。本当に色んな形になるのが。
役行者の顔が浮かび上がっている石とかにはびっくりしました。

asa9.jpg

今回は五代松鍾乳洞のみ。面不動鍾乳洞にはまた次回のお楽しみに。
その後は今は閉まっていますが蛇の倉さんにお参りして、それからエコミュージアムへ。大峯山の修行の場の映像を3Dで見られる場所があったりして
面白かったです。今世ではいけない場所だものね・・・。もっと山岳修行の映像とか見られたら面白かったかも~。

それから早いうちに吉野山へ。黒滝の道の駅でまたしてもこんにゃくを食べ、
こちら側から吉野の山へ。
でもまたしても対向車が来たら困る道でした・・・。吉水神社に出る道ですね。

吉野に到着してお昼だったので「やっこ」さんに。
私、吉野に何度きていてもこのお店以外で昼食食べたことが1度しかない(笑)
うどんのだしが好みなんです。今回は鴨うどんを食べました。美味。
asa10.jpg

しかし・・・洞川の静かなかんじとは打ってかわって観光客だらけ。
御開帳中だもの、そりゃそうだ、と思いつつあまりの人の多さにちょっとひるむ(笑)。
昼食後に参拝するつもりでしたが一旦宿に車を置いて、考えようということに。
宿に車をおいて、かさをお借りする。徒歩で大日寺に。実ははじめて参拝しました。
すごく気持ちのいいお堂。大日如来はどこでもすごく穏やかな表情をしているなあと思いながら参拝させていただきました。

そのあと「ふたりでいく奈良」でも掲載させていただいた「芳魂庵」さんへ。
くず花、くず切りをいただきました。
ほんっとおいしい。母や祖母を絶対連れていかなきゃと思ってます。(笑)
asa11.jpg

それから蔵王堂へ。ちょっと入る前に色々あったものの、なんとか入堂。
2005年の元旦にも蔵王権現を拝観させていただきました。
その時にはじめて対面した蔵王権現像の前でだーだー泣いてお坊さんに引かれたのですが(笑)

お堂に入った瞬間に「開いてる!」と思ったら涙がだーだー流れてきて
自分でも止まらないんですよね~。不思議。

そして発露の間での対峙。
もー止まらない止まらない涙が。ろうそくの火をつけにきてくれた方がぎょっとしてた(笑)
前回はいろいろなことを考えて泣いたと思ったのですが今回は考えるという余地がない。むしろ何で私こんなに泣いてるんだろう?と本当に考えた。自分に引く。(笑)

でも今回もじっくりと一対一で対峙させていただけてよかったです。
次回は母や祖母とくるので多分そちらに意識がいっていて、
こういうふうに拝ませてもらうことはできないかも、と思いました。

拝観後宿に戻ってチェックイン。
宿からの景色は絶景で、桜の時期にはいったいいくらくらいになるのか!
asa12.jpg

雨なので露天風呂に入れなかったのが残念・・・
夜間拝観が今回の目的のひとつなのでだらだらと部屋で過ごしてから夕食を食べて時間が来るのを待ちました。

続く。
スポンサーサイト



Posted by 生駒あさみ
comment:0   trackback:0
[奈良旅
comment
comment posting














 

trackback URL
http://naratabi.blog76.fc2.com/tb.php/8-82c80ed6
trackback