FC2ブログ
『奈良旅手帖』の生駒あさみです。2014年3月についに奈良に移住しました。2010年10月に『ふたりでいく奈良』という本を出版しました。このブログでは奈良旅行記や奈良に関するいろいろなことを発信していきます
物語の舞台の地へ
昨日色々と古事記について調べていました。
古事記、中、下の舞台は殆ど奈良なのに
何故こんなにとっつきにくいのか。
退屈、と表現していた方がいましたが
私は退屈だとは思わないのですが。。。でもとっつきにくいのは確かですね。

しかし奈良が舞台になってるところは多いし、行ったらその舞台が実感できるところだらけです。
私は小学生のときヤマトタケルノミコトを知ったのですが
(図書室にあったこの本を読んだからです↓)
ヤマトタケルノミコト―神話の中の英雄 (学研まんが人物日本史 大和時代)ヤマトタケルノミコト―神話の中の英雄 (学研まんが人物日本史 大和時代)
(1983/01)
ムロタニ ツネ象

商品詳細を見る


中学生くらいのときにこの本↓に出会い、さらにヤマトタケル関係の本を読んだりして
常にヤマトタケルが身近にいました。
ヤマトタケルという人物にはまった!とかいうよりも
小さい頃からヤマトタケルの冒険活劇が胸に染み付いているというか(冒険活劇なんて表現していいのかどうかですが)
白鳥異伝 上 (徳間文庫)白鳥異伝 上 (徳間文庫)
(2010/07/02)
荻原 規子

商品詳細を見る

(白鳥異伝はオトタチバナが走水で死なない説があって常陸国風土記では再会していたりするんですよね。その設定も使われたりしています。)


奈良にはじめてきたときに、
大和は国の真秀ろば 畳なづく青垣 山籠れる 大和しうるはし
という歌を、実感して、ものすごーく感動しました。
明日香あたりから見る景色の、青垣の、美しいこと。

で、そんな景色にももう10年以上通いつめていてさすがに最近は慣れすぎてしまうふしがあったのですが
この間久々に近鉄で橿原方面に向かったとき
電車の車窓から見た「あおがき」が本当にすばらしくて久しぶりに
「ああヤマトタケルはこの景色を再び見ることは叶わなかったんだな・・・でも見たかったんだな・・・」と思わずにいられませんでした。

(近鉄から見た写真がなかったので壷坂山から撮影した写真ですが・・・)
IMGP2095_convert_20120214134105.jpg


こういうところで浸れるかどうかというのも奈良(古代史)オタクになれる素質だと思います。(笑)
(自分で言うけど)
でもこういう気持ちは忘れたくないです。
(しつこいようですが「慣れ」は怖いです。奈良にはいつまでも慣れたくないので、いまだに移住をしていません)


ヤマトタケルの漫画は主人公だからいい人に描かれてますが
よく考えたらヤマトタケルさんも色々突っ込みどころ満載で、
一概に「いい人」とは言えないんじゃないか、と成長するにつれてわかってきたりするのもあります。
人間、見方によっていい人にも悪い人にもなりえるということに気づかせてくれた存在でしたね。
幼い頃に触れておくと大きくなってから考え方などにも影響されるなあと思います。


話しを戻しますが、
ヤマトタケルのようにドラマチックにストーリーがあるような人物がいて
その人を主人公にした物語がたくさん出てくればとっつきやすくなるかな。

その物語の舞台になった場所が今もあるってことが、凄いことだと思うんですよね。
そこに行ってみたいと思わせるような物語。
漫画とかアニメとか舞台とか何でもいいと思うのですが
何か古事記や日本書紀を題材にした作品をもっと目にしたいですね~。
今年古事記編纂1300年で本もたくさんでているので
もっと色々な角度から見た、作品が出てくれば、とっつきやすくなるのではないかと思います。
(でも古事記、いきなり歌が入ったりするからミュージカル向けなんだよなあと。実は。(笑))
スポンサーサイト



Posted by 生駒あさみ
comment:2   trackback:0
[奈良のこと
comment
お久しぶりです
奈良旅手帖のブログ移転を知り、覗きに来ました。これからもよろしくお願いいたしますm(_ _)m


私がヤマトタケルのことを意識したのは、中学のときだったかな。
誰が書いたか覚えてないけど(←失礼ですね)、コバルト文庫の小説を読んだのがきっかけ。
「大和は国のまほろば…」の歌を知り、ヤマトタケルが愛した大和の国って、どんな所なんだろう?見てみたいって思いました。
初めて飛鳥周辺や山の辺の道を歩いたとき、ヤマトタケルが見ていたのは、こういう風景だったのかな、と感動したっけ~。


諸事情で奈良には2年行ってません。すでに奈良パワーが切れてます。
補給しに行きたいです。あの風景をまた見たいですー(/_;)
2012/02/15 23:07 | URL | edit posted by なたり~
Re: お久しぶりです
>なたり~さん
ご無沙汰してます。ブログ統一することにしました~
こちらもよろしくお願いします。

コバルトのヤマトタケルって氷室冴子さんのヤマトタケルかな?
佐保姫のファンタジー小説も書いてますよねこの方。

そうそう!「見てみたい」と思わせる情景描写がある
行くきっかけになるような、作品がもっと増えて欲しいですよね
ヤマトタケルもそうですが他にも魅力的は話しはたくさんあるのにな~と。

2年奈良にいけてないんですね。
今年こそ・・・!もし行けそうなら~
2012/02/17 15:07 | URL | edit posted by 生駒あさみ
comment posting














 

trackback URL
http://naratabi.blog76.fc2.com/tb.php/78-94744ce7
trackback