FC2ブログ
『奈良旅手帖』の生駒あさみです。2014年3月についに奈良に移住しました。2010年10月に『ふたりでいく奈良』という本を出版しました。このブログでは奈良旅行記や奈良に関するいろいろなことを発信していきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 生駒あさみ
 
[スポンサー広告
平城京歴史館に久々にいってきました。
2010年の遷都祭にオープンした平城京歴史館に久々に行ってきました。
オープン前に取材でお伺いして、2度目は遷都祭のGWまっただなか。
3度目にしてようやく落ち着いてじっくりと色々見ることが出来ました。

奈良が好き、と一言で言っても何が好きなのかは人それぞれだと思います。
私は奈良だというだけで色々なことに興味を持って色々と知っていきましたが、
通うにつれて古代史がどんどん好きになっていったので、ここは本当に楽しい施設。
粟田真人、司馬達人などの歴史上の人物が解説するアニメーションがあったり
大安麻呂、山上憶良などが都のことを紹介したり。
遣唐使のアニメーション!・・・ここに出てくるのも吉備真備や藤原清河、鑑真和上、そして阿部仲麻呂。
このアニメが終わったあとに遣唐使船に乗れるから、また盛り上がる!!

そうそう船ではコスプレ可能です。服の上から簡単に六位くらいの男性の服を簡単に装着できるので
気分を盛り上げるのにお勧めです。

ああ、日本が見える!!(涙)

と、ひとしきり盛り上がったら
最後にVRシアターですよ。
これが技術的にもすばらしい上に構成がもう、泣かせる・・・!!!
とにかくたくさんの人に見てもらいたいです。
空の上から見るような1300年前の都の姿に、ただただひたすら涙が止まりません。
あまりにも奈良が、奈良時代が好きすぎるとこんなことになるのか。涙が止まらない。
(これは一昨年の5月にきたときもでした。そして今回も2度見ましたが2度とも泣き疲れました。)

最後に、案内していた人物が誰だか明かされるのですが、それが誰なのか知っていてもこれだけ泣けるとは。
そして1300年前の奈良のお寺の姿がひとつずつ映し出される姿にも涙。
泣きまくりますが終わったらすっきりして出ました。(笑)

そして外に出て、VRシアターで見た都が今たってるこの場所なのだということを実感できることにも
そしてVRシアターで案内していたあの人が1300年前に焦がれに焦がれたあの山が目の前にあることにも感動して
なんだかいろんなものに感謝したい気持ちになるのでした。

作ってくださった方本当にありがとうございます。
また何度も行きたいと思います。
スポンサーサイト
Posted by 生駒あさみ
comment:0   trackback:0
[奈良旅
comment
comment posting














 

trackback URL
http://naratabi.blog76.fc2.com/tb.php/70-9b5a7015
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。