FC2ブログ
『奈良旅手帖』の生駒あさみです。2014年3月についに奈良に移住しました。2010年10月に『ふたりでいく奈良』という本を出版しました。このブログでは奈良旅行記や奈良に関するいろいろなことを発信していきます
2/2天河大弁財天 鬼の宿
2月2日の夜は、奈良好きになってからずーっと行ってみたかった、天河大弁財天社の「鬼の宿」にいってきました。

吉野の節分は他の各地の鬼を払う「鬼は外!」の節分とは違います。
金峯山寺は全国から追われた鬼が集まり、「調伏」させ、最後は鬼も一緒に豆まきをします。
鬼も~内といいながら。→去年は金峯山寺の節分に行ってました。

で、今年は天河大弁財天の鬼の宿へ。
天河の節分行事はまた不思議な行事です。
天川村の住民は、役行者に使えていた前鬼、後鬼の子孫と伝えられています。
鬼は先祖であり神様なのです。
その神様である鬼を節分前夜にお迎えする儀式が2/2の夜行われます。

節分は洞川ですごすと決めていたものの、こちらの行事に参加するかはすごく悩みました。
宿は洞川だし、同じ天川村とはいえど洞川と弁財天のある坪内はかなーり距離があります・・・。しかも平地じゃなくて洞川まではかなり登るのです。車じゃないとちょっと行けない。

なのですが、10月に洞川で知り合った方とお正月に知り合った方に相談したところ
タクシーを予約してくれて行くことになりました!!一人だとタクシー代のこととか考えたりして
行かなかったと思うんですよね。ありがたい!!

そんなわけで洞川大好き女子4人(笑)で弁財天に向かいました~。
天川川合のトンネルを抜けるまでは雪も少なく、バスじゃなくても大丈夫だったり?とも思ったのですが
トンネルすぎたら道路は凍っておりました・・・。
それでもまあ、弁財天のほうは雪が少なくなってました。

到着したら立春大吉がお出迎え。(汚いのがちょっと残念)
IMG_6174_convert_20110216132924.jpg

あかりのかまくら。幻想的です。
IMG_6175_convert_20110216133001.jpg

入り口には炎もごうごう燃えておりました。
IMG_6176_convert_20110216133059.jpg

拝殿での神事に参加。1時間くらい?神事が執り行われます。
昨年も参加した友達に聞いたら去年の倍くらいはいたとか。ちょっとびっくり。
しかしさすがというか、なんだかただものじゃない人たちだらけです・・・。

すみません綺麗に撮れてなくて(汗)
拝殿での神事の後は宮司さんのご自宅に参列者が集います。
お、お邪魔します(恐縮)

IMG_6181_convert_20110216133150.jpg

この後は宮司さん宅の神事。
実は後ろのほうになると何が行われているのかさっぱりわからないらしく
昨年来た友達についてダッシュ。皆さん早足です(笑)

神事は小1時間くらいかな。行われました。
途中で水を汲みにいき、その水の入った桶の中に翌日砂が入っていれば鬼が来た証。
この宮司さんは今年も引き続き宮司を続けられるのです。
(翌日行かなかったのですが砂は無事に入っていたようです)

そして鬼に泊まってもらうわけなので・・・
IMG_6190_convert_20110216133229.jpg

お布団を敷きます。ふかふかしてそうでした(笑)

この神事の後は参列者に直会でおにぎりなどが振舞われました。
わーい。
(食べてる途中の写真で失礼)
IMG_6189_convert_20110216135510.jpg

NHK?のカメラが入ってました。
何か記録用なのか、放送されたのか、今後放送されるのかはわからないのですが
この不思議な神事がまた映像で見られるなら嬉しいですね。

翌日は節分祭があっていく予定だったのですが、なんとなく行くのが大変かなーと思ってしまっていたところ
同室の方も同じく考えていたとのことだったので、行かないことに。
また今度別の機会に弁財天の節分祭も体験してみたいです。

ちなみに毎度おなじみ洞川のゲストハウス一休さんに泊まりましたが
一緒に泊まった友達がたこやき機をもってきてくれたのでたこやきパーティーでした~楽しかった!(笑)
Posted by 生駒あさみ
comment:0   trackback:0
[奈良旅